女性のヒゲ対策が顔の老化に!?注意しておきたい3つのポイントとは?

女性のヒゲと肌トラブル
TOMOKO
TOMOKO

こんにちは、TOMOKOです!

女性が闇雲に間違ったヒゲ対策をすると、なんと老化につながる恐れがあるとか!?

今までエイヤッ!と力任せで抜いていた‥

衛生面を気にせずカミソリで剃っていた‥

そんな女性はヤバいので、ここでお伝えする老化につながらないためのポイントをしっかりとチェックしてみてくださいね♪

女性のヒゲ対策では顔の老化につながる「シミやシワ」に注意!

女性のヒゲ対策では顔の老化につながる「シミやシワ」に注意!

老化のひとつ「シミ・シワ」の対処法

カミソリや毛抜きは慎重に使う・または使わない!

TOMOKO
TOMOKO

女性のヒゲ対策は事前の準備をしっかりしておかないと、肌の状態が悪くなる可能性があることがいくつかあります。

その1つ目が「シミやシワ」といったものがあります。

シミやシワがなぜできるのかというと、角質をカミソリで削りすぎてしまったり、毛抜きによって毛穴が炎症を起こしてしまったりすることが原因です。

 

女性が一般的にヒゲ対策をするときには、毛を剃るか抜くといった手段を多くとります。

ですが、やり方がよくないと肌を傷つけることになってしまいがちなのです。

肌を痛めて老化を進めやすい毛抜き

肌が傷ついた時に内出血を起こしたり、細菌が侵入しますと皮膚が炎症を起こしてしまいます。

怪我がよくなっても皮膚内に血液が変色した色が残ってしまいますので、それが”シミの原因”になるのです。

 

また、シワに関してはカミソリで保湿に必要な脂分を取りすぎてしまったときに、肌が乾燥して表面が委縮。

その結果キメが荒くなり、細かいシワができやすくなります。

カミソリで保湿に必要な脂分を取りすぎて老化の可能性が高まる

毛穴が炎症を起こしているときは皮膚の保湿機能が落ちている状況ですので、同様にシワの原因になりやすいというわけです。

シミやしわによって見た目が老けて見えるため、女性の肌の老化につながっていってしまいます。

年齢を重ねることによって肌の状態はなかなか良くなりません。

女性が老化を防ぐには、若い時から十分に注意を払ってヒゲ対策をすることが重要です。

【ランキング】女性のヒゲ対策におすすめの抑毛クリームをレビュー!
女性のヒゲ対策として大人気の「抑毛クリーム」系の女性ヒゲ対策ですが、 どれがいちばんおすすめなのか? ということで実際の経験からランキングで比較してみました! 抑毛・除毛・脱毛といろいろ種類がありますが、今まで実際に使って...

女性のヒゲ対策では顔の老化につながる「肌のたるみ」に注意!

女性のヒゲ対策では顔の老化につながる「肌のたるみ」に注意!

老化のひとつ「肌のたるみ」の対処法

カミソリは保湿が重要!生理時は処理しない!

TOMOKO
TOMOKO

肌のたるみについても、女性がヒゲ対策をする際に要注意しなくてはならないことです。

たるみも女性にとっては老けて見える大きな要因ですから、年よりも若くしたいときには大きな障害となりえます。

 

肌のたるみという老化現象についても、やはりカミソリなどで誤った使い方をすることによって、保湿機能が低下する乾燥肌が原因となってきます。

老化を防ぐためカミソリはしっかり保湿

乾燥肌によって肌表面(表皮)の保湿力や抵抗力が低下しますと、新陳代謝が悪くなってしまい古い皮膚や角質が残ってしまいます。

そうなると老化したものが残り続けてしまうため、肌の張りがどんどん弱くなってたるんでしまうというわけです。

 

肌のたるみは”筋肉の衰え”が原因になることもあります。

カミソリもなるべく小さくて弱いものを使って、毛の流れに沿うように剃っていくことによって、余計に肌を傷つけずに毛を剃ることができます。

毛の流れに沿うように剃る

もちろん保湿も十分にとって、肌の乾燥を防ぐことが大事となります。

また、生理の時期によっては肌が敏感になっていますので、できれば産毛処理は避けて欲しいです。

肌のたるみを防ぐことによって実年齢よりもより若く見られますので、ヒゲ対策と同時にカミソリの使い方も十分に注意してくださいね♪

敏感肌の女性におすすめの抑毛クリーム!口周りのヒゲがツルピカになったガチなリアル体験談
敏感肌の女性におすすめの抑毛クリーム!口周りのヒゲがツルピカになったガチなリアル体験談についてお話しします。

女性のヒゲ対策では顔の老化につながる「バリア機能」に注意!

女性のヒゲ対策では顔の老化につながる「バリア機能」に注意!

老化のひとつ「バリア機能」の対処法

乾燥から守ってカサカサを防ぐ!

TOMOKO
TOMOKO

ヒゲ対策で最後に女性が気にしておくべきところが「肌のバリア機能」がとても重要なポイント。

ヒゲのあたりにできる小ジワは”ちりめんジワ”と呼ばれることもあります。

皮膚の浅い層にできるシワなのですが、出てくるのは年齢が上がってからというわけではなく、早いと20代のころには出てくることもあります。

 

カミソリなどで処理をすることによって、毛だけではなく、肌の表面を覆っている脂質もとっていってしまいます。

女性の方なら当然知っているとは思いますが、肌の脂分を取りすぎてしまうと肌を乾燥から守る機能が低下しますので、肌がカサカサになってしまいます。

乳液などで乾燥から守る

カサカサな肌というのは当然シワにもなりやすいですし、見た目も老化してしまうだけではなく、肌のダメージも増えてしまいます。

それによって、肌が衰えてしまって老化につながってしまうというわけです。

バリア機能の劣化が老化につながりますので、対策としては保湿をしっかりとすることが大切です。

 

カミソリで剃る際には肌を守るために事前に乳液などで保湿しておいたり、顔を温めることで肌を柔らかく保つことで傷つきにくくしたり保湿様態を保ったりします。

もちろん毛の処理をしっかりとした後も、肌を守るために保湿を徹底的しておくととても効果的ですよ。

TOMOKO
TOMOKO

最後の最後まで詰めがしっかりとしたヒゲ対策をできる、老化の防げる女性で行きましょうね♪

 

自分の顔

女性のヒゲ対策全般について調べてきました

女性ヒゲ対策