女性に生えるヒゲは遺伝?体質?毎日の暮らしで気をつけたい注意点と対処法

女性 ヒゲ 遺伝 女性のヒゲ予防

女性に生える「ヒゲ」って遺伝

もし遺伝だったら対象のしようがないんだろうか‥

それとも生えやすい体質だから仕方ないんだろうか‥

な~んて考えていたら「女性のヒゲ撲滅」のために今までの経験からお伝えしようと思って、

遺伝と関係があるか?生えやすい体質ってあるのか?

TOMOKO
TOMOKO

などのちょっとした気になる点について徹底的に探ってみました!女性にヒゲが生える原因と対処法を知って、ベストな女性ヒゲ対策に向けて進んでいきましょう!

女性のヒゲって遺伝が関係してる?

女性 ヒゲ 遺伝

TOMOKO
TOMOKO

男性に限らず女性でも、ヒゲは遺伝的な要素に大きく左右されるといっていいでしょう。ヒゲをはじめとした体毛が濃くなる原因は、毛穴の数と密接な関係があります。

この毛穴の数は両親から受け継いだ遺伝子によって決定され、生まれたときにはその数が決まっています。

そして、成長とともに増えていくことも減っていくこともありません。

 

毛穴の数が多ければ、その分生えてくる毛の量も多くなります。

このため、結果として毛穴の数が多い人は体毛が濃くなるのです。

このようなプロセスは体毛のひとつであるヒゲも同じです。

女性 ヒゲ 遺伝

では、そもそも遺伝とはどういったものでしょう。

生まれてくる子どもは父親と母親、双方の特性を持って生まれるため、当然のことながら受け継がれる遺伝子も両親のどちらかから100%ということはありえません。

また、男性の場合は染色体がXY、女性の場合はXXです。

この染色体は女性になるXXの働きが強く、男性が生まれても母親によく似るといわれます。

 

しかしながら遺伝子は体の部位ごとに異なるのでこの限りではなく、父親似の子どもも生まれるのです。

このため、ヒゲが濃くなるのは男性に限らず女性に当てはまることがあります。

女性 ヒゲ 遺伝

しかし、同じ女性の中でも、体毛が濃い人とそうでない人がいます。

これは女性の場合、毛穴の数もさることながら、体毛の1本1本が男性よりも細いため男性より目立ちにくいのですが、

女性のほうが体毛が細いのは体内で分泌される「エストロゲン」や「プロゲステロン」といった女性ホルモンが関係しています。

 

このエストロゲンやプロゲステロンは女性特有の丸みを帯びた体型を形作ったり、

生理サイクルを作り出すといった働きがあります。

女性 ヒゲ 遺伝

ところがこのホルモンの分泌が何らかの要因で正常な状態でなくなると、男性ホルモンの分泌量が過多となり体毛が太くなります。

結果として、遺伝によって毛穴が多い女性は、そうでない女性よりもヒゲが濃くなってしまうのです。

女性ヒゲ対策にも影響しそうですね。

【ランキング】女性のヒゲ対策におすすめの抑毛クリームをレビュー!
女性のヒゲ対策として大人気の「抑毛クリーム」系の女性ヒゲ対策ですが、 どれがいちばんおすすめなのか? ということで実際の経験からランキングで比較してみました! 抑毛・除毛・脱毛といろいろ種類がありますが、今まで実際に使って...

女性のヒゲは遺伝以外にもヒゲが生えやすい体質がある?

女性 ヒゲ 遺伝

TOMOKO
TOMOKO

このようにホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンの分泌量が低下しているような体質の女性はヒゲが生えやすくなります。

女性の体はデリケートで、さまざまな外的要因によってホルモンバランスが崩れてしまいます。

まず考えられるのは、ストレスによって自律神経が乱れることでホルモンバランスが崩れてしまうことです。

 

自律神経が乱れると男性ホルモンの働きが活発になり、女性ホルモンがこれを抑え切れなくなります。

女性ホルモンは健康な女性でも一生のうちにティースプーン1杯ほどしか分泌されないもので、些細なことでも影響を受けやすいのです。

女性 ヒゲ 遺伝

このため、ストレスを溜め込まないようにすることが女性ヒゲ対策として大切です。

また、女性ホルモンが減っているからといって男性ホルモンを減らせばよいのではなく、かといって単に女性ホルモンを増やばいいというわけではありません。

重要なのは何よりもバランスを保つことです。

 

そしてホルモンバランスを保つためには体を活性化し、かつストレスを発散することができる運動がおすすめな女性ヒゲ対策です。

決してハードな運動の必要はなく、ウォーキングやストレッチといった適度な運動でよいでしょう。

女性 ヒゲ 遺伝

これらを行うと血流を改善し内臓の働きがよくなることから、卵巣で女性ホルモンが分泌されやすくなり自律神経を整えることにも繋がります。

また、ホルモンバランスを整える女性ヒゲ対策だけでなく、美容やダイエット効果も期待できるでしょう。

 

また、食生活の見直しも体質改善には女性ヒゲ対策には大切です。

毎日の食事を見直すことでホルモンバランスが整い、体質を改善し、体毛を生えにくくし、結果としてヒゲを薄くすることも期待できます。

女性 ヒゲ 遺伝

中でもヒゲを薄くする効果があるといわれているのは大豆イソフラボンで、その名の通り大豆に豊富に含まれています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンを増やすわけではありませんが、女性ホルモンに似た働きをし、女性ホルモンの減少をサポートして、ヒゲが濃くなるのを抑制する女性ヒゲ対策になります。

女性のヒゲは遺伝かどうかのまとめ

女性 ヒゲ 遺伝

TOMOKO
TOMOKO

いかがでしたか。女性でもヒゲが生える原因は、遺伝と体質どちらにも拠るところがあります。

遺伝によるものは防ぐことができませんし、男性ほど濃くなることもありませんが、目立つ場所だけに気にする人は少なくないはずです。

 

このため日ごろからできることとして女性ヒゲ対策には、ホルモンバランスを整える努力を惜しまないようにしなくてはならないといえます。

運動を心がけたり食事に気を遣うことはもちろん、ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、良質な睡眠も重要です。

 

また、生えてしまっているヒゲを、さらに濃くしてしまう要因としては、ムダ毛処理の際のカミソリ毛抜きの刺激もあります。

刺激を与えることは肌を傷つけるのはもちろん、色素沈着によってヒゲをさらに目立たせることになりかねません。

電気シェーバーを使うなど、できるだけ刺激を肌に与えないことも、女性ヒゲ対策には大切なことといえるでしょう!

TOMOKO
TOMOKO

やっぱり私がベスト

と感じた女性ヒゲ対策は「抑毛クリーム」ですね♪

 

自分の顔

女性のヒゲ対策全般についてこちらもどうぞ

女性ヒゲ対策