女性がヒゲ脱毛するときの料金はいくら?3つの方法と費用について徹底解説!

女 ヒゲ 脱毛料金 女性のヒゲ原因と処理

女性ヒゲ対策として、性が「ヒゲ」を脱毛するときの料金についてお伝えします。

「ヒゲ脱毛」といえば、男性の濃いヒゲをなくすことだと考えがちですね。

加えて女性の脱毛といえば”わき””足””VIO”などが有名ですが、おしゃれ女子の間では「女性のヒゲ脱毛」が人気です。

女 ヒゲ 脱毛料金

女性のヒゲは、女性なら誰しも一度は「邪魔だな‥」と感じたことがあるはず。

けれど細い産毛であるために処理が甘かったり、

もしかすると処理せずに過ごしている方も多いのでは?

ここでは女性のヒゲ脱毛について、業者による脱毛の方法や脱毛料金、自宅での方法や注意点などを紹介します!

女性ヒゲ脱毛料金「医療脱毛や脱毛サロン」

女 ヒゲ 脱毛料金

TOMOKO
TOMOKO

女性のヒゲの脱毛方法として、医療脱毛や脱毛サロンに通うという手段もあります。そもそも、医療脱毛と脱毛サロンでは何が違うのでしょうか?

大きな違いは、医療脱毛は医師が行うために”脱毛力の高い機械”で女性のヒゲを脱毛できる、ということです。

女 ヒゲ 脱毛料金

逆に言うと、脱毛サロン(エステなど)での脱毛は医師ではなく素人が行っているため、パワーの弱い機械を使って脱毛しています。

そのため医療脱毛は比較的短期間で終わるのに対し、脱毛サロンでは少し長めの期間が必要です。

 

気になる脱毛料金ですが、医療脱毛は、医師の施術としてパワーのある機械を使っているために、脱毛料金は高めの設定となっています。

各クリニックやヒゲの濃さなどの違いはありますが、鼻の下あご周りの両方の脱毛でおよそ4~6万円というのが相場です。

女 ヒゲ 脱毛料金

一方、脱毛サロンの脱毛料金は、一般的な医療脱毛料金と比較して安めの設定となっています。

こちらも各サロンや個人差もありますが、鼻下とあご周りの両方で1~2万円辺りが相場といったところです。

医療でもサロンでも割引キャンペーンなどを行っていることも多いので、まめに女性ヒゲ対策のひとつとして確認してみてはいかがでしょう。

【ランキング】女性のヒゲ対策におすすめの抑毛クリームをレビュー!
女性のヒゲ対策として大人気の「抑毛クリーム」系の女性ヒゲ対策ですが、 どれがいちばんおすすめなのか? ということで実際の経験からランキングで比較してみました! 抑毛・除毛・脱毛といろいろ種類がありますが、今まで実際に使って...

女性ヒゲ脱毛料金「家庭用脱毛器」

女 ヒゲ 脱毛料金

TOMOKO
TOMOKO

女性のヒゲ脱毛を検討しているけれど、お金と時間は節約したい!という方におすすめな女性ヒゲ対策のひとつが家庭用脱毛器の使用です。

一昔前の家庭用脱毛器はあまりにもパワーが弱すぎて脱毛しにくい‥という欠点がありましたが、現在の家庭用脱毛器はかなりパワフルに作られているようです。

一般的な女性用家庭用脱毛器は、

  • ヒゲを一本ずつ毛をつまんで処理するタイプ
  • レーザー光で処理するタイプ
  • フラッシュ光で処理するタイプ

とおよそ3種類に分類できますが、その中でもメジャーなものはレーザータイプとフラッシュタイプです。

気になる脱毛料金ですが機械によってばらつきが大きく、1万円台で購入可能なものもあれば10万円近くするものもあります。

<おすすめの家庭用脱毛器>

女 ヒゲ 脱毛料金IPL光美容器

<IPL光美容器の口コミ>
まだ2回しかやっていませんが、脇の下や顔などの毛が生えてくるスピードが明らかに遅くなりました。新しく出てくる毛も太くならないような気がします!

女 ヒゲ 脱毛料金自宅で本格脱毛器「ケノン」

<ケノンの口コミ>
レベルは10で使用しても、ちゃんと冷やせば痛くなかったです。顔のヒゲはまだ試していませんが、痛みが少なかったので今度試してみようかなと思っています。

家庭用脱毛器での脱毛料金比較として、忘れてはいけないのがランニングコストです。

レーザーやフラッシュタイプの脱毛器には、カートリッジと呼ばれる光発生装置がついています。

女 ヒゲ 脱毛料金

このカートリッジには使用回数限度があり、一定回数を超えたら交換しなければなりません。

このカートリッジの価格も、使用する機械によって違ってきます。

なので、本体の安い機械を買ったけれどカートリッジ代が加算されてしまい、脱毛料金が跳ね上がった‥という可能性もあるので注意が必要です。

女性でヒゲを対処するための方法に「ケノン」を使ったときの口コミレビュー♪
女性でヒゲを対処するための方法に「ケノン」を使ったときの口コミレビューします!

女性ヒゲ脱毛料金「クリームやローション」

女 ヒゲ 脱毛料金

医療脱毛やサロン脱毛に通う時間はない!

家庭用脱毛器は脱毛料金が高すぎる!!もっと手っ取り早くヒゲの脱毛をしたい!!

TOMOKO
TOMOKO

という女性におすすめしたい女性ヒゲ対策が、脱毛クリームやローションです。

ただし、ここで一番気を付けなければいけないことがあります。

通常の脱毛クリームは、足や腕などへの使用を想定しているものがほとんどなので、絶対に顔に使用してはいけません。

そして、残念ながら顔用の脱毛クリームで安全なものは、ほとんど”存在しない”ということ。

女 ヒゲ 脱毛料金

それならば、脱毛クリームでの女性のヒゲ脱毛は不可能なのか?

いいえ、そんなことはありません!ヒゲを薄くする効果の期待できるクリームやローションは、実際に販売されています。

ヒゲ対策としてクリームやローションで選ぶのは、

つぎから生えてくる毛を少なくさせる「抑毛」といったタイプのもの。

これらのクリームやローションは”顔用”として開発されているので、女性ヒゲ対策の脱毛にも使えて安心です。

 

気になる脱毛料金ですが、クリームやローションの内容量や成分など個体差があります。

安いものでは2,000円程度、高価なものは1万円程度といった範囲です。

女 ヒゲ 脱毛料金

医療脱毛やサロン脱毛や家庭用脱毛器と比較してしまうと、抑毛系クリームはどうしても効果は弱めです。

しかし何といっても手軽さと脱毛料金の安さという点で考えると、クリームやローションが女性ヒゲ対策に便利なものです。

敏感肌の女性におすすめの抑毛クリーム!口周りのヒゲがツルピカになったガチなリアル体験談
敏感肌の女性におすすめの抑毛クリーム!口周りのヒゲがツルピカになったガチなリアル体験談についてお話しします。

女性のヒゲ脱毛料金まとめ

女 ヒゲ 脱毛料金

女性のヒゲ脱毛方法として、

  • 医療脱毛やサロン脱毛を受ける
  • 家庭用脱毛器を使用する
  • 脱毛クリームやローションを使用する

といった3つの女性ヒゲ対策方法を紹介しました。

どれも魅力的な方法ですが、時間や手間や脱毛料金などを比較すると一長一短があります。

自分のライフサイクルや出費が可能な金額などを考慮して、無理なく続けていける方法を見つけてみましょう。

「女性のヒゲ」案外目立つものなので、気になった時が脱毛チャンスだと思います。

とくに抑毛系のクリームやローションは、

効果を実感できるまでに時間がかかる女性ヒゲ対策なので早めに始めておくのがポイントですね♪

 

自分の顔

女性のヒゲ対策全般についてこちらもどうぞ

女性ヒゲ対策